令和二年 年頭にあたり

2020. 1 .1

・令和二年 元旦

謹賀新年
元日の こと皆非〔みなひ〕なる
 はじめかな(高浜虚子)

 

※高浜虚子

 たかはま‐きょし
俳人・小説家。本名、清。愛媛県松山生れ。二高中退。正岡子規〔まさおかしき〕に師事。

「ホトトギス」を主宰して花鳥諷詠〔かちょうふうえい〕の客観写生を説いた。

「五百句」「虚子俳話」など。「俳諧師」「風流懺法〔ふうりゅうせんぽう〕」など

写生文の小説でも知名。文化勲章。(1874~1959)

 

和尚の蛇足

 元旦を迎え、何か新規一変したような気持ちになる時である。
 「皆非なる」とはいつもとは違っている、ということである。

 高浜虚子は花鳥諷詠を説いていたが、実は「その自然(対象)には「人間界」も含まれている」と考えていたようである。

 そういう目で見ると、辺りの景色が違って見えるばかりでなく、その内に人間のあり方
も含まれているのかなと思う。そういう味わい方も出来るであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA