青い山

「分け入っても分け入っても青い山」
これは山頭火の句で最も有名なものである。
悩みを抱え、歩く姿が重く感じられる。どうしょうもない、辛い辛いと思いながら歩む人は山頭火ばかりではない。
誰にでも長い人生の中ではそういう状態になることは時としてある。
そこからどうしたら抜け出せるか。あがけばあがくほど、袋小路に迷い込んでしまう。

私はかつて上座部仏教の勉強のため、スリランカで暮らしたことがあった。
もうパーリ語の経も忘れてしまったが、短いパーリ語の一節が頭に残っている。

「ドゥッカージャーティプナンプナン」声に出して読むと語呂が良く面白かったので忘れなかった。
数年前に必要があって、調べてみたらダンマパダ(法句経)第153の一節であることが分かった。
色々な訳があるけれど、友松圓諦さんの訳では

「この存在(よ)なる幻の屋舎(いえ)を/誰ぞ作りし/さがし求めて/ついに究めず/かくて数多き生存(いのち)の/輪廻をば経きたれり/この生もかの生も/ひとしく/苦しみなりき」とある。

山頭火の姿と重なってくる。
しかし同じダンマパダの中で苦からはなれる道を示している。

第277で「『すべてのものは無常なり』/と かくのごとく/智慧もて知らば/彼は/その苦をいとうべし/これ清浄に入る道なり」 〈諸行無常〉

第278で「『すべてのものはくるしみなり』/と かくのごとく/智慧もて知らば/彼は/その苦をいとうべし/これ清浄に入る道なり」 〈一切皆苦〉

第279で「『すべてのものはわがものにあらず』/と かくのごとく/智慧もて知らば/彼は/その苦をいとうべし/これ清浄に入る道なり」 〈諸法無我〉

これが最も大切な教えの三法印であり、釈尊のこころなのである。

禅では次のような問答が語録の中にある。

「僧問う、「如何 生老病死を出離することを得ん」。
師曰く、「青山元動ぜず、浮雲の去来するに任す」(五灯会元、巻四、霊雲志勤禅師)。
ある僧が霊雲志勤禅師に「どうしたら生老病死の苦から抜け出ることができますか」と尋ねた。
禅師は青山は元々ここにあって、その周りを迷いの雲が行ったり来たりしているだけだと答えた。

坐禅(平林寺)

ここの青い山は初めに書いた山頭火の青い山とは全く違う。
迷いの山ではなく、動かずにそびえ立つ山である。
しかし、青山や浮雲ということばにとらわれたら、生老病死の苦から永遠に抜け出ることはかなわないであろう。

無門関第41則に「達磨安心(だるまあんじん)」という則がある。

後に禅宗第二祖、慧可となる神光が面壁している達磨に〈安心〉〔あんじん〕させて欲しいと乞うてきた。
それに対し達磨はその不安の心を持って来いと答えた。
神光は不安の心を求めるに求めることができないと述べた。
すると達磨は汝のために〈安心〉させ終わったと言った。

安心〔あんじん〕とは仏法という教えに導かれてこころのやすらぎを得て、動ずることのない境地である。(『佛教語大辞典』)
その境地に至るのは「定に入る時起きるなり」(『法相二巻抄』)とも書かれている。
心静かに心身を統一する禅定が求められるのである。

また、「こころは把りだすことができない。」これを「心不可得(しんふかとく)」という。
「われわれの心性は本来無自性であって、これが心であると認めるべきものがない」(『佛教語大辞典』)のである。

山頭火や神光は求めても得ることができない「こころ」を求めていたのである。
「こころ」も実体性がないのである。

「すべてのものは、因縁によって生じたもので実体性がない。」という
〈諸法無我〉は上に書いたダンマパダ第279で示している。
仏教の大事な基本的な教えである。

そこに参じていくのが安楽なこころであり、禅のこころである。