坐禅と瞑想

修行道場では「ムー ムー」「無 一枚になれ」「大死一番絶後に蘇る」など耳にたこができるほど聞かされ、また警策〔けいさく〕に打たれては坐禅三昧たらんと「気海丹田〔きかいたんでん〕に気を集め、禅定力〔ぜんじょうりき〕を養え」として一日が過ぎていく。
作務〔さむ〕をしていても「無 無 無」と。
老師の所へ参禅しても「無」、新到〔しんとう〕さんは他のことなど考える余地は全くなくなってくる。
これが日常的に専門道場で行われていることである。
それでも数年すれば見性までは無理にしても、体に身についてくるものだ。語録も少しかじり、その難解さに辟易〔へきえき〕としながらも、逃げるわけにもいかない

そこでふっと、思った「お釈迦さんのお説きになった(原始・初期)仏教のことを知りたいと。
手づるを探り、スリランカの寺にお世話になる手続をして旅に発った。直接に行かず、遠回りにヨーロッパから陸路インドまで行き、スリランカに渡ることにした。インドにたどり着くまでには様々なことがあったが幸いイラン革命やアフガン戦争の直前で何とか通過することができた。仏跡の巡拝をして、スリランカという仏教の国にたどり着いた時はこころからホッとした。

スリランカにて

スリランカ人僧にまじりアジア数カ国から来ている僧たちとの生活が始まった。その生活の詳細を書くことはここでの意図ではないので、これくらいにして、紹介され訪れた「Burmese Vipassana Meditation Center」について触れておく。
そこには2週間ほど滞在し、ビルマ(ミャンマー)人の指導者から丁寧に指導を受けた。
日常はクティ(小舎)という狭い部屋で坐り、小屋の脇に経行〔きんひん〕つまり坐り疲れた後、足の接地などに意識を集中しゆっくり歩く場所がある。食事とトイレと指導者の所に行く以外はそのクティで過ごすのだ。
入門者のため難しいことはしなかったが、そのクティの有り難さと冒頭に書いた禅道場での生活の落差に驚きつつも得がたいものに接することができた喜びを感ずることができた。そのほか2〜3カ所の林の中の瞑想センターも訪れた。
それは先ほどのようなヴィパッサナ瞑想をやっているところではなかった。
けれど、特にゴムの林の中にあるクティでの瞑想は私にとって「シャングリラ」であった。
かつて専門道場で同行僧と独接心〔どくぜっしん〕——ひとりで思うままに坐り通す修行——を夢に描いた時もあったが、まさにそれが実現できたのであった。

スリランカから帰ってきて、しばらくこれからどうするか考えていたら、師匠が僧堂に戻ったらどうかという。
何の抵抗もなく、また再掛搭をした。私にとって外国に行ってカルチャ・ショックはなかったが、日本に戻ってからのカルチャ・ショックが大きく、南方仏教に対する大乗仏教との関係の戸惑いはその後も続いた。

しかし、このように、日本の禅の修行道場での体験とスリランカの上座部(テーラワーダ)の瞑想の実践を両方できたことは、仏教全体を考えるときに段々と非常に役に立つと思うようになった。

それはダンマパダ 第368に次の言葉を見つけ納得できた。

仏陀(さとれるもの)の教えに/信じ悦び/慈しみに住する/比丘は/
行い(はからい)の息(や)みたる/寂静にして/さいわいなる/かの道に達せん

「慈しみに住する/比丘は」これは大変大切なところである。
慈はパーリ語でmettaというが、これは友という意味のmittaから来ているという。真実の友情を意味するという。
それは特定の人に対してではなく、全ての人に対してそうでなければならない。万人に対するものなのだ。
分け隔てをしないということは一切の衆生(すべての生命)にこころを配ることでもある。
また悲はパーリ語ではkarunaという。あわれみ、同情という意味がある。

慈悲はそれら無量の命に対する限りなく大きな優しさなのである。
かつて私自身はヴィパッサナー瞑想において入門の、初心者向けのことしか実践できなかった。
今勉強してみるとその時も慈悲の瞑想というものを心に置いて指導されていたのだと知り、35年前のことを思い出しながら得心した。

マッジマ・ニカーヤの経典の中で、お釈迦さんは次のように言っている。

「慈の瞑想を深めなさい。
というのも、慈の瞑想を深めれば、どんな瞋恚〔しんい〕も消えてしまうからです。」
まず「私が幸せでありますように」と念じたら、
次に、「私の親しい人々も幸せでありますように」と念じる。
それから「生きとし生けるものが幸せでありますように」と。
次に、「私の嫌いな人も幸せでありますように、
私を嫌っている人も幸せでありますように」と。
するとどんな瞋恚も消えてしまう。

「悲の瞑想を深めなさい。
というのも、悲の瞑想を深めれば、どんな残虐性も消えてしまうからです。」
「私の悩み苦しみがなくなりますように、
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように、
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように」と念じ、
次に、「私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように、
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように」ということも念じる。
するとどんな残虐性も消えてしまう。

このように慈悲の瞑想をすることにより、真の幸福の道が開かれる。
こころの中の瞋恚や残虐性が消えることにより、思いやりのこころが生じるのである。

これが慈しみのこころであり、幸せを願うこころなのである。